保育士さんにとっても面接で志望動機を言うのは難しい事ですよね。

・どこの保育園でもやる事は一緒だから、志望動機とか言われても・・・

・子供達の為に頑張りたいっていっても、この保育園の志望動機にはならないよね

・企業内保育を選んだのは楽そうだからなんだけど、流石に言えないし・・・

というような悩みが出てくるかと思います。

そこで、今回は実践で使える志望動機の事例をご紹介して行きます。

今すぐ使える保育士の志望動機

志望動機 保育園編

貴園では少人数制の保育を行っていますよね。

このような環境であれば一人一人の子供達とより向き合い、質の高い保育を提供できると考えました。

私はまだまだ実際に保育の経験が不足していますが、自身での出産、子育ての経験や、今までの人生で学んできた事。

それらを活かし、子供たちに、そして親御さんに、沢山の物を与えてあげられるような素晴らしい保育士になりたいと考えています。

貴園であれば、人として、保育士として成長していける環境にあると考えています。

どうぞ宜しくお願い致します。

志望動機 企業内保育編

私の友人が会社勤めをしているのですが、子供を預かってくれる保育園が見つからず、退職を余儀なくされてしまいました。

今日本では保育園落ちたなどの報道に代表されるように、保育園・保育士不足が社会問題になっています。

このような問題の大きな解決策に繋がるのは企業自身が保育環境を持つことだと考えています。

私がここで子供達の為に働く事でその一助となり、このような動きが大手企業の間でどんどん推進され、それを国が補助するような体制が整って行けば、中小企業でも可能になるかもしれません。

少しでもお母さんにとって働きやすい社会に、そして子供達が健やかに成長できる社会に、自分がそのお手伝いが出来たら、これ以上ない社会貢献であり、やりがいを感じます。

御社で子供達の笑顔の為に働かせてください、宜しくお願い致します。

保育士専門サイトでさらに詳しい志望動機や転職情報をゲット

こちらの保育士求人ランキングサイトを是非観て欲しいのですが

各保育士求人サイトの詳細な情報は勿論、志望動機や、各保育施設別の詳細な転職情報が掲載されており、新卒の方もこれから転職活動をする方にも、どちらにも役立つ内容になっています。

是非勉強して、良い志望動機が言えるようになりましょう!